« 次の木曜日が待ち遠しい? | トップページ | 年寄りの愚痴 »

2017年1月28日 (土)

自動車がとても大事

happy01オープン予定

 今週末 予約なし

・今週の日曜日は環境組織の活動で、ゆでの泥上げ作業を予定

 しています。 「ゆで」とは山水や湧き水を流す小川や溝のこと

 で方言のようです。 当地に来て初めて知った名前です。

 組織の庶務的な仕事を担当する会計として、その際使うゴム

 手袋などを昨日購入しました。 あと月末が近いので請求書が

 来ている分の支払いや、そのための預金を下ろすなど走り回り

 ました。 通常の現場仕事の時に使う軍手は自分持ちです。

 しかし極寒の時期の水仕事ですから、軍手ではびしょびしょに

 なって用をなさなくなってしまいます。 寒い時期の作業を受け

 てくれた方へのちょっとした気遣いです。 

 勿論自分も助かりますし、自分だけと云うのも気が引けます。

・何日か前のテレビ番組 「ビートたけしのTVタックル」 で高齢ド

 ライバー問題の特集をやっていました。

 最近のニュースで目立つ逆走、信号無視、踏み間違えなどに

 よる事故多発がテーマでした。 最近ではドライブレコーダー

 (ドラレコ)が付いている自動車が増えましたから、事故やあわ

 や事故!かと云う映像も多くありました。

 高齢者運転による悲惨な事故を、マスコミが大きく取り上げま

 すから随分増えていると感じますが、統計ではそんなに突出

 している訳ではありません。 免許所有者の約2割が高齢者

 (65歳以上)ですから、それなりに事故件数があるのは当然

 です。 他の年齢層の事故件数が年々減少しているのに対し

 て70歳以上については減少せず、特に80歳以上は年々増

 えており、安全意識や車の技術の向上を高齢化要因が上回

 っています。 また70歳以上の事故件数そのものは全体の

 1割以下です。 言い方を変えると事故の9割以上が70歳

 未満の運転者です。 更に10万人当たりの事故率を見ると、

 70歳以上が600~800件に対して、16歳~24歳が1900

 ~1100件です。

 社会的な問題になるのは、統計的な割合や確率の問題では

 なく、高齢になったら運動能力や認知能力に限界が訪れると

 云う事が誰にでも分かるからですね。

 しかし、個人の生活に与える影響があまりにも大きいために

 ある年齢で画一的に免許返納と言う訳にもゆきません。

 完全自動運転の自動車を個人が使えるようになるのは相当

 先の事です。 人口減少が著しい田舎では、公共交通機関の

 復活は望めません。当面は衝突回避機能の自動車や、認知症

 運転者の運転を防ぐ法の整備などに期待するしかないようです。

・番組で言っていました。 高齢になると短気になり、また自分本

 位の運転になる。 また長い年月の無事故の経験から、自分は

 運転が上手いんだと思い込む傾向があるとも言っていました。

 私はそれらのことを再認識して運転するように心がけています。

 最近特に強く心掛けているのは、「運転に専念して、他のことに

 気を散らさないようにする」 ことです。

 今の車は衝突防止ブレーキ機能が付いていますが、ピー音の

 警報が鳴ったことがありますが、その時は既にブレーキを踏ん

 でおり、”わかっているョ” と云う状況でした。

 そういえば本当に自動で止まるかどうか、試したことはありませ

 んでした。 ちょっと度胸が要りますね。 取説も読み返さねば。

  Tv
   事故の危険因子の一つである脳の病変は、

   ある程度、MRIで判別できるそうです。

« 次の木曜日が待ち遠しい? | トップページ | 年寄りの愚痴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64817077

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車がとても大事:

« 次の木曜日が待ち遠しい? | トップページ | 年寄りの愚痴 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ