« 何となく | トップページ | 再挑戦 »

2017年1月11日 (水)

目論見外れ その2

happy01オープン予定

  今週 木曜日(12日) AM & PM/SSM4

・昨日はいつもと同じに、せっせと体を動かさねばと叱咤する

 自分と、まぁまぁのんびりしようぜと云う怠け者との闘いでした。

 前日の早寝が効いて、午前中は環境組織の仕事でパイプライ 

 ンの水抜き作業をやりました。 地域の田んぼは日置川の水を

 汲み上げて灌漑水にしていますが、半分はU字溝などの開水

 路で導水し、残りの半分は道路などに埋めた約1.5Kmのパ

 イプラインで給水しています。そのパイプラインが水で満たされ

 たままにして置くと、厳寒の冬季にその水が凍結してパイプや

 バルブが裂ける恐れがあります。

 この辺は温暖な気候なので滅多な事ではそんなことはありませ

 んが、念のための安全対策として水を抜くことにしました。

 とは云っても埋設したパイプが地形に合わせて勾配が登ったり

 下ったりしていますから、低い場所のバルブを開ければ水が自

 然に抜けると云う訳にはゆきません。

 そこでパイプラインの上手から水の代わりに空気を送って、溜ま

 り水を押し出す方法を考えて、自動車のバッテリーで動くエアー

 ポンプを用意しました。 

・午前中にやったその作業が結果的には旨くゆかず、午後は気持

 ちを癒す時間になってしまいました。 パイプラインの一番下手

 で低い田んぼのバルブを開けて、水が押し出されるのを待ちまし

 たが、全く変化がありませんでした。ショックだったのはそればか

 りではなく、40分近く動かしたポンプから突然ボワッと煙が出て

 それっきり動かなくなりました。 取説通りに15分動かした後

 10分休ませたのにその始末です。 本来は大型のゴムボートを

 膨らますためのポンプを、違う使いみちで使ってのトラブルなので

 クレームをつける訳にもゆきません。 ガッカリです。

・ポンプを買ってこのような方法で水抜きをやる事は役員会で言っ

 てありますが、昨日の作業は自分一人でやって誰にも報告してい

 ませんから、このブログが報告書代わりです。

 異常気象で今後、激しい寒気に襲われないとも限りませんから、

 再挑戦して何とか出来る範囲で水抜きをするつもりです。

 考えただけで腰が痛くなる、思い発電機とコンプレッサーの出番

 になりそうです。 やはり今年は前途多難です。

  0110
  この小さなポンプで旨くゆけば文句なかったのですが・・・

 

« 何となく | トップページ | 再挑戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64747113

この記事へのトラックバック一覧です: 目論見外れ その2:

« 何となく | トップページ | 再挑戦 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ