« やっぱり カジノは無理 V1.0 | トップページ | 心構え »

2017年2月 8日 (水)

「ガイアの夜明け」

happy01オープン予定

 明日 木曜日(9日) AM 、明後日 金曜日(10日)AM/SSM4

     土曜日(11日) 夜

・今週は環境組織の月1回の役員会があります。

 そのことをすっかり忘れていて、昨日慌てて通知文書を作って

 配り回りました。 それからは、一日中会議用の資料作りでした。

 ずーっとパソコンとにらめっこしていたので少々肩こり気味です。

 先月が正月で遅めの会議だったので、まだ先だと思っていました。

・テレビ和歌山(テレビ東京)で 「ガイアの夜明け」 と云う番組を放

 送しています。 頑張っている企業や人を紹介する経済ドキュメン

 タリー 番組です。 この番組を見ると、日本もまだまだ捨てたも

 んではないと力づけられます。

・録画していた1月の放送を見ました。

 1件目は大分県・国東(くにさき)で牡蠣の養殖に挑戦している企

 業と責任者の話です。 企業は農機具で有名なヤンマーです。

 ヤンマーはプレジャーボートや漁船、船舶用のエンジンも作って

 います。 漁業が衰退して船舶関係の需要がピーク時の20分の

 1に減少しています。 それを打破すべく牡蠣の養殖に乗り出し

 ました。 漁獲量が半減している国東は養殖場としては無名です。

 その国東に安定した産業を確立しようとヤンマーが乗り出したん

 です。 漁業が盛んになれば船舶は勿論機械類の需要の伸びが

 期待できるとの遠大な構想です。 養殖の責任者は北海道から

 単身赴任して12年になります。 この人は30年以上前から牡蠣

 の研究をしており、通常の養殖期間の半分以下で出荷する独特

 の 「国東オイスター」 のブランド化を目指しています。

 当然 味や食感もブランドに恥じないものでなければなりません。

 昨年12月にレストランなどに初出荷して、何とか目途が立った段

 階です。

・2件目は高知県のワイン造りです。ここは雨が多くぶどうの栽培に

 適しているとは言えません。 ぶどう作りを始めたのが地元の石灰

 メーカーです。着眼点は、近くに石灰の山がある環境がフランスの

 ブルゴーニュ地方に似ていることと、石灰の需要の伸びが見込まれ

 たことです。

 石灰の需要はここ20年で半減しています。 この企業は石灰を使

 った天然由来のオリジナルの殺菌剤を生産しています。 雨が多い

 高知では葉っぱに菌が付いて病気が出易いので、この殺菌剤が

 威力を発揮すると見込んだんです。 昨年は糖度が高い良いブドウ

 が出来たようです。 今後はぶどうの収穫量を増やすことと、県内に

 醸造所なく山梨に頼っているので、醸造所の建設と醸造の洗練化が

 課題だそうです。

・もう一次産業は駄目 と諦めるのは簡単で、世の中の風潮は完全に

 その方向です。 でもそれを打破しようと、漁業と農業の分野で努力

 する企業の姿に感動し、頭が下がりました。

 「ガイア」 とは、ギリシア神話から来た大地や地球を指す言葉です。

 角を突き合わせている人間社会の話よりも、このように前向きな話

 題が清涼飲料水を飲んだようにすっきりします。

  Photo
      牡蠣の味比べをしたようです。

  Photo_2
    昨年はワイン1000本分の収穫でした。

 

« やっぱり カジノは無理 V1.0 | トップページ | 心構え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64864656

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガイアの夜明け」:

« やっぱり カジノは無理 V1.0 | トップページ | 心構え »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ