« 得した気分 | トップページ | 終わり良ければ »

2017年3月23日 (木)

色眼鏡 V1.0

happy01オープン予定

 今日 木曜日 AM 、PM(SSM4) 

 明後日 土曜日 夜

 今週も釉掛けが出来ます。

・WBCの準決勝でとうとう日本がアメリカに1-2で負けてしま

 いました。 興味を持っていたと云うほどではありませんが、

 気にはなっており、勝ったと分かっていた試合のニュース映像

 は見るとはなしに見ていました。

 最初のWBCでは日本が優勝しましたし、今回も強さを見せつ

 けましたから本当に大したもんです。

・自分はスポーツを何もやらない人間ですから野球に人生を賭

 ける人間の気持ちが分かりません。 草野球はやったことが有

 りますからゲームとしては面白いと思います。 ゴルフもそうです

 が、部外者が ”大の大人がたまっころを打って何が面白いんだ”

 と揶揄するように、スポーツにはそれほどの実利性はありません。

 結局 一芸に秀でる とか 道を究める とか 己の限界に挑戦する

 ことに意味が有るんですね。 ですからそれなりの才能や素質を

 持っている人にとっては、大変意味があることなんだと分かります。

・最近 映画 「42 〜世界を変えた男〜」 がテレビ放送されました。 

 その録画を見始めたらとても面白くて、一昨日は夜中の2時まで 

 一気に見てしまいました。 近頃はテレビを見ながらいつの間に 

 か居眠りしてしまう私ですから、珍しいことです。 

 アフリカ系アメリカ人で初めてのメジャーリーガーになったジャッ

 キー・ロビンソンの伝記映画です。 「42」 とはロビンソンの背番

 号ですが、アメリカの全ての野球チームで現在まで永久欠番に

 なっています。 メジャー・マイナー・独立リーグからアマチュア

 野球まで全部だそうですから、アメリカ人のやることは徹底してい

 ます。 人々にそこまで称えられるロビンソンは、野球の能力は

 勿論ですが、人種差別の迫害に負けずに志を貫いたことと、その

 人格でしょう。 ニグロニグロと蔑視したり、排斥しょうとする白人

 と争うことはしませんでしたが、いつしかロビンソンのプレーの素

 晴らしさと一途さが周りの白人たちの感動を呼ぶようになり、本人

 の居場所が徐々に確たるものになりました。

・白人と有色人種で入れる店やトイレが分かれていた時代です。

 チームの中にたった一人の黒人として孤立した存在でしたから、

 並大抵の苦労では無かった筈です。 それを乗り越える偉大さが

 誰にでも分かるから、後世に語り継がれているんですね。

 野球はアメリカ人にとって心の故郷です。 プレーやスピリッツの

 素晴らしさは肌の色に関係ないと理解されるのは当然でしょう。

 また、能力がある黒人をリーグから排除するのはフェアーでは

 なく、狭量で後ろめたさが有ったのではないでしょうか。

 共存が難しいと誰もが考えた野球界で融和が始まり、今度はその

 波が社会に波及していったんだと思います。

 偏見や先入観念で物事を見る 「色眼鏡」 という言葉があります。

 「野球」 など、共通のメガネを通して見ることを何と呼ぶのでしょうか。

 野球万歳です。

  Photo
  社会問題の解決に役立つスポーツは一服の清涼剤です。

  政治問題などを持ち込むのはもってのほかです。

 

« 得した気分 | トップページ | 終わり良ければ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/65053136

この記事へのトラックバック一覧です: 色眼鏡 V1.0:

« 得した気分 | トップページ | 終わり良ければ »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ