« 何故止まる? | トップページ | 身に覚えあり »

2017年3月30日 (木)

もったいない関係

happy01オープン予定

 今週は5周目なのでお休みです。

 でも どうしても陶芸をしたい方は予約をどうぞ!

・チラッと見た夕方のテレビの報道番組で 「卒婚」 と言う言葉を

 知りました。 3~4年前から言われている言葉で、芸能人では

 清水アキラさんや加山雄三さんが実践しているそうです。

 卒業=離婚 ではなく、結婚という形を持続しながら、それぞれ

 が自由に自分の人生を楽しむ、というある意味前向きな選択肢

 だそうです。 また、必ずしも別居ではなく、同居しながら卒婚と

 いうスタイルも有りうるそうです。 例えば定年後や子どもが巣立

 った後に、夫は地元の田舎へ戻る一方で妻は都市部の便利な

 土地に住み、夫婦で定期的に会うような形です。

・お互いに相手の思いを理解し、互いに束縛することなく 社会的 

 な責任を果たし終えた後の人生をエンジョイする生き方です。 

 テレビで紹介された2夫婦も都会派と田舎派の組み合わせで、 

 別々に生活していますが、相手を 「愛している」 と堂々と言って 

 いました。 世の中に余り例が無く、まだ非常に珍しい形態だと 

 思います。 精神的に大人の夫婦でなければ成り立たないのが 

 理由かもしれません。

・私の今の境遇から見たら、何とも もったいないことを と思わざ

 るを得ません。 好きあって 一時も離れたくない と思った相手

 が折角健在ならば、共に生活するのが当然と思います。

 しかし、結婚と云う形はお互いに束縛し合ったり、犠牲を伴うこと

 も事実です。 ですから多様性の一つとして留まる程度の例だっ

 たら、有っても当然と許容できます。 

・結果的にお互いに独居になったら家事などの負担も増え、何か

 有った時の対応面でのリスクがあります。

 諸々の事を考えると、独りより二人の方が良いに決まっています。

 双方にその良さに打ち勝つ強い目的意識と積極性がある時だけ

 実現できることになります。 現状に納得している夫婦が大部分

 でしょうから、そう云う人達には関係ない話です。

 ただ、離婚をイメージしている方は、その手前の選択肢として知っ

 ておいた方が良いかもしれません。 卒婚して恋愛時代に戻った

 感じがするとか、お互いに生き生きとして見違えるようになったと

 云う話もあります。

 いずれにせよ 「嫁依存症」 の私には縁が無い言葉です。

  0329
            ハナスオウ

  一時変な色だったけど、鮮やかな色になって一安心。

 

« 何故止まる? | トップページ | 身に覚えあり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/65082514

この記事へのトラックバック一覧です: もったいない関係:

« 何故止まる? | トップページ | 身に覚えあり »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ