« ヒーロー登場 | トップページ | ”便利”の余波 »

2017年6月17日 (土)

「仁」が有れば 平和

happy01オープン予定

 今週末 予約なし

・昨日の午後の教室は定例メンバー4人で、いつものように賑

 やかでした。 先週 隣町に関西テレビの取材が入り、その

 放送が今週の月曜日にあったので話が盛り上がりました。

 枝豆を使った地元料理を紹介する内容で、生徒さん二人が

 関わっていました。 生徒さんが作った陶芸作品も映ったので、

 話題としてもぴったりでした。 私も録画予約していた筈なの

 ですが見ようとした時にリストにありませんでした。

 あまり見掛けない番組名だったので殆ど反射的に消してしまっ

 たようです。 悔やみましたが後の祭りです。 パソコンと同じよ

 うに削除したデーターが一旦ゴミ箱に入ると救われるんですが、

 今使っているHDD付きテレビは削除するとそれっきりです。

★3月10日の紀伊民報のコラム「水鉄砲」の切り抜きがとってあ

 りました。 紀伊民報に載った住友病院長の随筆に感銘した

 筆者の記事です。 “どんなに人工知能が発達しても医学、医

 療の現場では、思いやりや愛を意味する「仁」を忘れてはならな

 い”と云う言葉から、“政治も教育も目先の利害、数字だけで答

 えを出そうとする。 人間の営みはそんなに短絡的ではない、

 物と心の相交えるところ、つまりは精神世界と物質文明のバラ

 ンスが取れて初めて健全な形が生まれる。” と筆者自身の考え

 を述べています。 驚くべき速さで文明が進んでも、人間本来の

 感情の 「仁」 を忘れてはならないと云う警鐘だと思います。

・私が最近気にしているのはIT技術の日進月歩でVR(バーチャル

 リアリティ、仮想現実)が色々な方面に使われ始めていることです。

 航空機のパイロットの訓練などは、現実の本番の訓練では危険

 を伴いますから、前段階でVRを使った安全な訓練をすることに

 は意義があります。 そのように社会に貢献する技術の進歩は

 歓迎できます。 しかし、ゲームや娯楽の世界への導入は手放し

 では喜べません。 そこにはメーカーの“売らんかな”商法が背景

 にあり、決して社会にどう云う影響があるかが考え尽くされている

 とは思えないからです。 「ポケモンGO」のゲームが経済界を潤

 わせましたが、事故も多く起きています。 それが人の暮らしを豊

 かにしたとは思えませんし、社会に必要だったとも思えません。

・これからの社会は現実の体験に乏しい世代の人口が増えます。

 動物や昆虫などの血を見た時の感情は私たちの年代と、VRの

 世界しか知らない若い世代では違うと思います。

 火の熱さ、目に染みる煙、家庭用電源での感電ショック、ガソリン

 や灯油などの可燃物の怖さを知らない子供たちが増えている筈

 です。 出血に伴う痛みや命の尊さに思いが至らず、単に赤い液体

 に見えるだけかもしれません。

 現実世界では、リセットや電池の入れ替えでは済まないことが

 一杯あります。

  0616

  wine  収穫する人が誰も居ない ウコン

      今年も綺麗な花を咲かしたよ。

« ヒーロー登場 | トップページ | ”便利”の余波 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/65419795

この記事へのトラックバック一覧です: 「仁」が有れば 平和:

« ヒーロー登場 | トップページ | ”便利”の余波 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ