« そろそろ国民もうんざり | トップページ | 窯出し終了、ほぼ無事 »

2017年6月 7日 (水)

自然に包まれて

happy01オープン予定

 今週 木曜日 AM 、金曜日 PM(SSM4)

・庭の雑草刈り、笹竹の後始末、畑仕事などエンドレスの仕事

 に取り組んでします。 喉が渇いたら部屋に入ってテレビを見

 ながら一服、そんな調子ですからエンドレスになる訳です。

 「仕事」=「生計を立てるためにやること。職業」 のイメージが

 あり、この言葉を使うのをためらうことがしばしばあります。

 辞書を調べると 「するべきこと。しなければならないこと」 の

 意味の方が先に書かれています。確かに生計のためではない

 のに畑仕事や大工仕事などと普通に言います。

 私の偏った思い込みだったようなので、これからは堂々と頭に

 浮かんだ通りに「仕事」と云う事にします。 刈り取った笹竹や、

 その場所に生えていたカズラや雑木が一輪車で5~6杯分あり

 ました。 昨日はそれを落ち葉等を入れるシート製の折り畳み

 式のバケツに入れて、上の畑の端にえっちらおっちら運んで燃

 やしました。 風が強めだったので少しずつに小分けして燃やし

 ました。 上の畑からは日置川方面の見晴らしが良く、のんびり

 とした田舎生活を満喫できます。 そんな時には”一人ではもっ

 たいない” と感じます。 また “自分は都会には住めない人間”

  だとつくづく感じます。 私の周辺の大部分の人達がそうです。

・Yahoo~毎日新聞から 「<食中毒>わき水持ち帰り 小学生ら

 43人が発熱など発生」 のニュースです。 5月26日新潟県の

 妙高市山中で、わき水を飲んだ小学生とその家族43人が発熱

 や下痢などの食中毒に罹り、今は全員が快方に向かっているそ

 うです。 この小学校の恒例の校外学習で、地域に伝わる水を

 調べる授業でした。 参加者は3年生の66人で、食中毒になった

 のは、現地でこの湧き水を飲んだ生徒等と、ペットボトルに入れ

 て持ち帰った水を飲んだ生徒の家族です。

・食中毒の原因はカンピロバクターと云う細菌で、野生生物などが

 保菌し、動物に汚染された河川にも生息しています。

 生の鶏肉による食中毒もこの細菌が原因です。

 県は、「井戸水やわき水の水質は変動するので、煮沸してから

 飲むように」 と呼びかけています。

 確かに“前は大丈夫だったから今回も大丈夫だろうと”云う思い込

 みは自然界には通用しません。

・田舎ではちょっと山筋に入ると、あちこちで名水と称する湧き水と

 それを汲んでいる人を良く見掛けます。大した裏付けが無く生で飲

 む時はちょっとした覚悟が必要ですね。

・食中毒の危険はアウトドアだけではありません。

 ペットボトルに直接口を付けて飲んだ時は、雑菌がボトルに入って

 増殖しますから、時間が経ってからそのボトルの飲料を飲むのは

 危ないそうです。 特に甘味成分が入った飲料は細菌の増殖が激

 しいそうです。

 私の知人で、スポーツ飲料でひどい目に遭い二度と口にしなくなっ

 た人がいます。 飲料ではなく、飲み方が悪いと言ったんですが。

  0606  
  wine  シモツケソウ  今年も一杯咲いた。

     こいつは長い期間楽しませてくれるな。

« そろそろ国民もうんざり | トップページ | 窯出し終了、ほぼ無事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/65379389

この記事へのトラックバック一覧です: 自然に包まれて:

« そろそろ国民もうんざり | トップページ | 窯出し終了、ほぼ無事 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ