« 庭先に 癒しあり | トップページ | 良く働く蟻 でも敵 »

2017年7月19日 (水)

報道の限界

happy01オープン予定

 今週 木曜日 AM 、PM(SSM4)

・そろそろ梅雨が明けそうですが、昨日は昼前から2時間ほど

 雨が降りました。 Tさんから朝遅めに電話があり、例の東屋

 の作業の続きを午前中にやることになりました。 二人とも曇

 り空で涼しそうだと思ったんです。 予定していた午前中の仕

 事が終わる頃に丁度雨が降り出して作業終了となり、ソーメン

 の昼食をご馳走になってから帰宅しました。

 東屋は大分形になって来ましたが、3方の壁の波板がまだ張

 れていないので何だか落ち着きません。

★テレビの報道や新聞のニュースを見ていつも感じていることが

 あります。 報道は国民の知る権利を根拠にした情報提供です

 が、大部分は日常生活の三面的な出来事や興味本位の内容が

 殆どです。

 「今現在 何が起きたか」 を報じるのは大事なことで、マスコミの

 重要性が発揮される分野です。 災害、交通事故、事件等々、

 自分たちが生活する上で役立つ情報であることは確かですが、

 情報としては不完全な感じがするんです。

 交通事故や火事、殺傷事件などの時に 「なぜ そうなったのか?

 原因は?」 と疑問のまま終わることが多く、報道に不満に感じます。

 そこまで深く追及してくれれば、自分たちが事故に遭わないように

 したり、同じ過ちを繰り返さないようにでき、情報が非常に役立つと

 思います。

 時々後付けの記事が小さく載ることがありますが、殆どは見逃して

 しまいます。 火事の原因などはニュースの記憶が新しいうちに報

 道してくれれば、随分役立つと思います。

 新聞やデジタルニュースは後付け専門のコーナーを設けると助かり

 ます。

・「東京・調布市の住宅街に小型飛行機が墜落した事故から26日で

 2年を迎えます。事故を検証していた運輸安全委員会は、3つのミス

 が重なったことが事故の原因と考えられると発表しました。」 とのニ

 ュースが目に留まり、日頃から感じていることが思い浮かんだんです。

 これで気付きました、原因や発生状況を詳細に伝えることは、責任の

 所在も明らかになるので、色々な補償や裁判に影響するので限界が

 あるんですね。

 主観じみた情報で良ければ専門誌や娯楽誌で知ることが出来ます。

 情報の真偽を見極める目を持った方はネットで相当なことが分かる

 ようですが、ガセネタの中から真実を拾い出すのは大変苦労です。

  Photo
  屋根の波板が張り終わった東屋  今はもう少し進んでいます。

 

« 庭先に 癒しあり | トップページ | 良く働く蟻 でも敵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/65552143

この記事へのトラックバック一覧です: 報道の限界:

« 庭先に 癒しあり | トップページ | 良く働く蟻 でも敵 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ