« 迷惑な 蚊 | トップページ | バイオリズム »

2017年7月28日 (金)

政治に 先見の明が欲しい

happy01オープン予定

 今週末 予約なし

・来週からは8月です。夏休みの季節です。

 一つの区切りの教室が昨日無事に終わりました。  午前4人

 午後3人でしたが、素焼きした殆どの作品の釉掛けが無事に

 終わりましたので、これから私が窯詰めして8月早々に本焼き

 すれば、教室としても今年一年の峠を越すことになります。

 生徒さん達とは9月まで会えません、昨日の教室が終わって

 家路につく生徒さんの背中を見て、一抹の寂しさを感じました。

 昨年とは また違う心境だと思います、多分。

★少し前までは車の種類はガソリン車とディーゼルエンジン車だけ

 でした。 最近ではそれにハイブリッド車が加わり、更に燃料電池

 車や電気自動車も実用化されており、複雑になりました。

 Yahooニュースで 「フランスに続きイギリスも…欧州がガソリンエ

 ンジン車禁止へ動く理由」 の記事を目にしました。

 「ここ数年、欧州では将来的にガソリンエンジン、ディーゼルエンジ

 ン車を禁止するという動きが加速している。2016年にはドイツで、

 今年に入ってからフランスで、そして7月末になってイギリスも続い

 た。」とのことです。時期的には2030年、2040年だったりとまちま

 ちですが、ほかにもオランダやノルウェーでも2025年以降、ガソリン

 エンジン(ディーゼルエンジン含む)車の販売を禁止するという動き

 があるそうです。目的は大気汚染やCO2排出対策ですが、CO2に

 排出については火力発電所で発電された電気を使って走らせる自

 動車にどの程度メリットがあるのか検証が未確認だそうです。

 何事につけ経済優先の日本では、そのような動きは無いようです。

・最近の自動車の概念は次の通りです。

  ◇ハイブリッドカー(HV):電気モーターが内燃エンジンの補助的

    な役割をする

  ◇プラグインハイブリッド車(PHV):家庭用電源から充電した電力

    だけで走行することが出来る

  ◇電機/電気自動車(EV):電力でモーターを回転させて走行する

    車(HV、PHV,FCV、ソーラーカーなどもEVの仲間)

  ◇燃料電池車(FCV,FCEV):電気化学反応によって電力を取り

    出す発電装置(電池)の電力で電気モーターを駆動する。

    水素スタンドで水素ガスを補給する必要が有る。

・私も昨年ハイブリッドカーに乗り換え、新車、新車と思っている内に

 1年点検の案内が来てしまいました。とにかく1年があっと言う間です。

  Photo
  wine  オニユリ  ほぼ咲き揃った、もう直ぐ時期が終わるから草刈り

             ができる。

« 迷惑な 蚊 | トップページ | バイオリズム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/65587741

この記事へのトラックバック一覧です: 政治に 先見の明が欲しい:

« 迷惑な 蚊 | トップページ | バイオリズム »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ