« 東屋 一段落 | トップページ | 怪しい 改正案 »

2017年7月13日 (木)

博打容認は 変

happy01オープン予定

 今日 木曜日 AM 、明日 金曜日 PM(SSM4)

・昨日はこれと言った仕事もせず、テレビの録画の消化に明け

 暮れました。 家の中でもちょっと体を動かしただけで汗だくに

 なってしまいますから、草引きなどの屋外の仕事をする気には

 なれませんでした。 それでも1.8リッターも出来てしまったト

 マトソースを消費するために、シメジを買ってきてパスタを作り

 ました。 作ったトマトソースはパスタに使うには味が薄い感じ

 がしましたが、どの味が正解か知りませんから先ず先ずの出

 来ではないかと思います。 パスタが好きだった妻がいてくれた

 ら正確に修正できるんですが、考えたら私一人しか食べません

 から私が感じた “微妙” な味でも何の問題もありません。

★「パチンコ出玉規制強化へ 依存症への効果は?」 がMBSの

  11日付のニュースとして配信されていました。

 私はパチンコもスロットもやりませんから最近のシステムを詳し

 くは知りません。  規制強化の検討を始めたのは警察庁で、

 「パチンコの標準的な遊技時間(4時間)に客が得られるもうけの

 上限について、現行の十数万円から5万円を下回るよう出玉規

 制を強化する方針を固めた。」 そうです。

 カジノ解禁の統合型リゾート(IR)推進法成立に伴う、政府のギャ

 ンブル依存症対策の一環です。

・「改正案では、遊技時間4時間でパチンコ玉の獲得総数が発射

 総数の1.5倍に満たないものとする新基準を設けた。現行の

 3分の2程度に規制を強化し、大当たりの出玉の上限も現行の

 2400個(9600円相当)から1500個(6000円相当)に引き下

 げる。」 そうです。 これから分かるようにパチンコの収穫には遊

 戯者の技術や偶然性に関係なく、機械の設定次第だと云う事が

 ハッキリ分かり、いかに面白味の無いゲームかという事が分かり

 ます。 結局遊戯者の技量は、客寄せのために玉が出易く設定さ

 れている機械を見分ける目で決まるのでしょう。

・業界のHPを見ると、台の性能についてはとても細かいところまで

 決められていて検査も受けており、店長の裁量範囲は意外に狭い

 ようです。 依存症対策で規制が強まると、客離れが起きるので業

 界の反発が今後強まることが予想できます。

 パチンコと言う賭博を許している政府ですから、“対策をしました”

  というポーズだけで、規制が有名無実になる公算が大です。

・依存症が心配ならばその問題が拡大するカジノを何故許すのでしょ

 うか。 大矛盾です。

 今まで長年実現できなかったカジノ建設を前に進めることが出来る

 のも、安倍政権だからなんですね。

 そう言えばカジノ建設を目論んでいる仁坂知事が発する言葉が、最

 近は何もかも薄っぺらでうさん臭く感じてしまいます。

 博打で金儲けをしようと考える人間は信用できません。

 経済活性策だなんて繕っても邪悪であることは否めません。

  Photo_2
  wine  オシロイバナ   いつの間にか 夏本番 だよ。

 

« 東屋 一段落 | トップページ | 怪しい 改正案 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/65526075

この記事へのトラックバック一覧です: 博打容認は 変:

« 東屋 一段落 | トップページ | 怪しい 改正案 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ