« 博打容認は 変 | トップページ | 今日は一五市 出店 »

2017年7月14日 (金)

怪しい 改正案

happy01オープン予定

 今日 金曜日 PM(SSM4)

・木曜日の午前中は、確実に教室が開いています。

 ただし月4回の教室ですから5週目は原則として休みです。

 昨日は滅多に来れない生徒さんが2人加わって5人の教室で

 した。 作陶に集中しているのが全体的な雰囲気で、“あれ!

 もう作ったの” と云う声が飛び交っていました。 私自身もその

 言葉を発しました。

 今年初めて家庭菜園を始めた生徒さんが中におられ、先週は

 収穫したミニトマトを、今週はそれに加えてピーマンも持って来

 られて、皆に配って喜ばれていました。 先週は私もミニトマトを

 配ろうと目論んでいたのですが、その生徒さんに先を越されて

 しまったんです。 今週は皆にキューリを貰ってもらおうと、教室

 が始まる前に収穫して置きました。 菜園をやっているその生徒

 さんの分は数に入れていませんでしたが、聞いてみたらキューリ

 が花だけ咲いて枯れてしまい、収穫できなかったとのことだった

 ので、急遽前日に収穫した分をその生徒さんに上げました。

・菜園をやったことがある方なら分かると思いますが、夏野菜の収

 穫は短期に集中するので消費するのに苦労する部分があり、

 貰ってくれる人がいると助かるんです。 植える時の苗の数は

 最小限にしているんですが、途中で虫にやられたり、枯れたりする

 アクシデントに備えるので3~4本になり、最盛期には相当の収穫

 量になります。

★「高度プロフェッショナル制度」導入を柱とした労働基準法改正案

 について安倍首相と日本労働組合総連合会長が会談したと報道

 されました。 「高度プロフェッショナル制度」は聞きなれない言葉で

 すが、高収入の専門職を労働時間規制の対象から外す法です。

 しかし2015年4月、国会に提出されましたが、野党から「残業代

 ゼロ法案」と批判され、審議入りが出来ていない改正案です。

 この改正案は「長時間労働を抑制するとともに、労働者が、その

 健康を確保しつつ、創造的な能力を発揮しながら効率的に働くこと

 ができる環境を整備するため、労働時間制度の見直しを行う等所要

 の改正を行う。」のが趣旨ですが、その中に高度プロフェッショナル

 制度が含まれています。

 年収1075万円以上の専門職を労働時間の規制や残業代の支払い

 対象から外す内容です。

 労働基準法で労働者を画一的に縛ることは、確かに一部の人達の

 能力発揮の障害になることがあるでしょう。 しかし労働者の健康や

 待遇を守るのがこの法ですから、無制限に働け・残業代はなしと云う

 のは法の趣旨にそぐわず、何かうさん臭いものを感じてしまいます。

 法で何かを規制する場合、薬の副作用に似た弊害を伴う場合があり

 ます。多くの労働者を守るために許容すべき当然の弊害だと思います。

 120%の能力発揮を目指しているのかもしれませんが、そこまでは

 働かせなくてもいいと思いますし、仕事の配分など他の方策が有る筈

 です。 労働者の人間性を奪う要因にもなりそうで、どう見ても経営者

 の観点の案にしか見えません。

  0713
  wine  アジサイ

      晩酌のビールを1缶に抑えているけど、500mL缶になった。

« 博打容認は 変 | トップページ | 今日は一五市 出店 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/65530708

この記事へのトラックバック一覧です: 怪しい 改正案:

« 博打容認は 変 | トップページ | 今日は一五市 出店 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ