« 窮屈な世の中 | トップページ | アユ三昧 »

2017年8月 4日 (金)

日置川に通っています

happy01教室オープン予定

 8月末まで 夏休み

・迷走台風5号が日本に向かって来ています。 チョット焦って

 昨日もアユ釣りに行って来ました。 7時半出発、4時帰宅の

 計画的な釣行でした。コンディションが良ければあと1時間くら

 いはやっていたかったんですが、台風の影響でしょうか風が強

 くてとても難しい釣りで、雰囲気も何もなく諦めて早めに引き上

 げて来ました。 友釣り用の竿は長さが8~10mありますから、

 強い風が当たるとアユが掛かった時以上にしなります。

 友釣りは非常にデリケートな釣りで、極限まで細くした釣り糸に

 付けた目印(釣り糸に結んだ2~3cm長さの毛糸様のもの)を

 見て、おとりアユの動きをコントロールします。 糸を張り過ぎる

 とおとりが嫌がって不自然な動きになったり、直ぐに弱ったりしま

 す。 糸を緩めすぎるとおとりの動きが掴めなかったり、野アユ

 が掛かったことや水面下のトラブルが分からなかったりします。

  強風の中で野アユが掛かると竿を立てて引き寄せるのに倍以

 上の力が要ります。

 掛かった野アユをタモ(網)に入れることを“取り込み”と言います。

 おとりと掛かった野アユを糸に無理が掛からないようにゆっくり引

 き寄せてタモで掬う方法と、竿の弾力を利用して2匹を水中から

 引き抜き、空中を飛ばしてタモで受ける “引き抜き” の2種類が

 あります。友釣りのだいご味はこの引き抜きにもあり、タモで受け

 る動作を見ると釣り人の技量が一発で分かります。

・私は川には結構通っていますが、残念ながら引き抜きが上達する

 ほど数多く釣ったことがありません。 ですから野アユが掛かった

 瞬間から妙に緊張してしまい、本番に弱い男の本性が出てしまい

 ます。 アユ釣りを始めた当初はギャラリーが居るような場所は避

 けていました。

・調子がいい時には取り込みに失敗することは無いのですが、昨

 日13匹のアユを掛けて3回もミスしてしまいました。

 友釣りは “循環の釣り“ です、釣りあげた野アユを直ぐにおとり

 アユとして使いますから、良く泳ぐ生きがイイおとりかどうかで釣

 果が全然違います。 取り込みミスや鈎外れのトラブルがあると

 釣りのリズムが崩れたり精神的なダメージを受けます。

・私は自分が友釣りの ”永遠の初心者“ であると思っています。

 途中で何回も挫折して辞めようかと思ったことがあります。

 他人には自分の友釣りを”水中散歩“だと冗談めかして言っていま

 すが、それが本音なんです。

 釣果は多い方がイイに決まっています、でも釣りの魅力はそれだけ

 ではありません。 大自然に抱かれ遊ばせてもらっている何とも言

 えない贅沢な気持ち、それが捨て難いんです。 道具さえ揃ってい

 れば安くて健全な遊びです。

・川の中が涼しいからと言って、何もしないで一日中うろうろしていた

 ら変な爺さんと思われるのがオチです。 竿を持ってそれらしいこと

 をやっていれば、感心はされないとしても変な目で見られなくて済み

 ます。

・そうそう昨日は、私をベテランだと勘違いした三重ナンバーの釣り人

 に、鈎は何号ですか?この場所はどの辺が釣れますか?と色々聞

 かれてしまいました。

 年季が入った道具や服装を見て声を掛けて来たんだと思います。

 勿論はったりを利かしたりせずに正直に答えました。

   0804

  wine     ランタナ   オレンジやピンクの奴と様子が違うけど、

                 これもランタナだったよな。

« 窮屈な世の中 | トップページ | アユ三昧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/65617318

この記事へのトラックバック一覧です: 日置川に通っています:

« 窮屈な世の中 | トップページ | アユ三昧 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ