« アユ三昧 | トップページ | 二人だけの宴会 »

2017年8月 6日 (日)

難しい 喫煙問題

happy01教室オープン予定

 8月末まで 夏休み

・昨日の朝は空一面の雲で涼しく感じました。 前夜に降った雨

 で地面も湿っており、草引きに絶好と考えて庭の草引きを2時

 間やりました。 日曜日の昨日はそれだけでほぼ一日が終わ

 りました。 このところのんびりするそんな日が続いています。

 台風5号の動向がはっきりしないと落ち着きませんね。

★都民ファーストの会が、子どもがいる自宅や自家用車の中、

 通学路などでの禁煙について、罰則規定を設けず、努力義務

 を課す案を検討中のようです。 また、屋内禁煙は条例で罰則

 を定めて規制したいようですが、関係当局との協議が必要なの

 でまだ時間がかかるようです。

 プライベート空間まで踏み込んで規制することには賛否両論で

 紛糾しています。 東京では煙草を吸える場所が無くなる気が

 します。

 SNSを読む限りでは社会が“大目に見る”ことが薄れて全般に

 許容度が下がっているように思えます。

 幼稚園の子供たちの声が騒音になるとか、以前では考えられな

 いようなことが個人の権利として主張されて、公共の利が締め

 付けられています。

 他人の喫煙を我慢する理由は簡単に言えば “煙草を吸いたい

 人のために、多少の不快さは仕方ない”と言うことと、我慢する

 ことが社会通念だったからです。 それが受動喫煙の健康被害

 が叫ばれるようになって常識が変わって来ました。

 厚労省研究班報告 「受動喫煙で年間1.5万人死亡」 という推計

 値を鵜呑みにはできませんが、健康被害が有ることは確かで喫

 煙者の死亡者はその10~20倍あると言われています。

 そのような有害な面に目を向けて規制を厳しくすると、行きつく先

 は 「煙草は覚せい剤と同じに違法する」 ことであり、そうしなけれ

 ば理屈が通らなくなります。 当事者の判断に任せずに、自動車

 のシートベルト着用を義務化する国ですから、煙草が違法化され

 ないとしたらその理由は経済面を考慮した結果と言えます。

・民主的な多数決をとったら“煙草の全面禁止”になるでしょう。

 それとも“喫煙者が可哀そう、今まで通りで良い”と云う大らかな

 票が喫煙者を救うでしょうか。

・問題を増やすカジノを推進したりする政治は簡単な理屈では説明

 がつきません。 風紀が乱れようが被害が出ようがそれに見合う

 経済効果があればいいんです。

 弱者を救うのが政治です。喫煙問題の弱者はやはり受動喫煙者

 ですね。 今の私は非喫煙者で、漂ってくる煙の嗜好者です。

  0806
  wine   ホトトギス  時期がおかしくないか?

 

« アユ三昧 | トップページ | 二人だけの宴会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/65625584

この記事へのトラックバック一覧です: 難しい 喫煙問題:

« アユ三昧 | トップページ | 二人だけの宴会 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ