« 今日は早起き | トップページ | 爽やかな風 »

2017年9月 3日 (日)

超音波で警告音

happy01教室オープン予定

  【創作の秋】です! 気分も新たに程々に励みましょう。 

    夏休みが終わり 今週から教室の再開です。

    今週 木曜日 AM 、PM(SSM4)

・昨日は眠い目をこすりながら朝6時から、白浜町の「海・川の

 一斉清掃」に参加しました。 最盛期の半分の20人位が参加

 して1時間半の奉仕作業でした。

 結構きつい作業も大勢でやると苦にならず、日置川の綺麗に

 草刈りされて美しくなった、約700mの土手を見るのは気持ち

 が良いものです。

★身近な新技術を紹介するニュースです。「超音波で車に警告

 音 高速道の作業中事故防止」 (琉球新報)の記事です。

 走行車両に超音波を当てて運転者にピンポイントで工事中な

 どの警告音を届ける技術です。 超音波は人の耳には聞こえ

 ませんが、超音波が自動車に当たると人に聞こえる音に変わ

 るんだそうです。

 運転者には警告音が聞こえますが、近隣には何も聞こえない

 ので騒音問題になりません。 世界でも初めての試みで11月

 から沖縄自動車道で使用を始めて、全国の高速道路へ普及を

 目指すそうです。 4年前に沖縄自動車道で工事のための規制

 内に車両が突っ込み、西日本高速道路総合サービス沖縄社の

 社員が亡くなったのが自社で開発する切っ掛けになりました。

・超音波は指向性が強く風の影響も受け難いので、その特性が

 目的にぴったりです。 現在は「ピ・ポ・パ」と云う単純な音だけ

 ですが、将来的には音声も流すことを目指すそうです。

・この記事が目に留まった理由は、私が紀勢道の正規の車線を

 走っている時に反対車線の 「逆走です!」 という大きな標識が

 見えて、毎回ドキッとするからです。

 高速道路では一瞬の操作が事故に繋がる恐れがあります。

 もし、その標識を見てブレーキを踏む人がいたら事故にもなりか

 ねませんから、見る度に誤解を受け易い標識ではなく、もっとい

 い方法がある筈だと思っていました。

・紀勢道ではもう一つハッとする場所があります。

 田辺ICから無料の紀勢道に出入りするアクセス路が、狭い視界

 で自分が有料道路用のETCに向かっているのではないかと不安

 になる構造で、おまけに運転席のETCからは 「ETCカードが入っ

 ていません」 と警告メッセージが流れて不安を助長します。

 こちらは指向性がない無線電波が原因ですから、今回の超音波

 ではどうにもなりませんが。

Photo

« 今日は早起き | トップページ | 爽やかな風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/65742558

この記事へのトラックバック一覧です: 超音波で警告音:

« 今日は早起き | トップページ | 爽やかな風 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ