« 夏から秋へ | トップページ | 隔月の床屋行き »

2017年9月11日 (月)

人を引き寄せるには

happy01教室オープン予定

    今週 木曜日 AM 、PM(SSM4)

・昨日は外の人との接触がない引きこもり状態でした。 とは言っ

 ても作業場で小物の木工仕事はやりました。

 曇り空で涼しめだったので畑仕事もやりたかったのですが、そこ

 まで手が回りませんでした、と云うか昼寝を優先したんです。

★U-18野球ワールドカップの侍ジャパンが惜しくも準決勝で

 韓国に敗れて決勝まで進めませんでした。 3位決定戦が日本

 時間の11日(月)午前1時から行われます。 決勝戦はアメリカ

 と韓国の対戦で午前6時からです。 3位決定戦で日本と戦うの

 は開催国のカナダです。

・先週のネットの産経ニュースの 「白球の力、人口減止める“甲子

 園の期待”過疎対策に 高知・梼原町」 の見出しが目に留まりま

 した。 「若者の減少と高齢化に悩まされてきた高知県北西部の

 梼原町(ゆすはらちょう)で、10年前に発足した高校野球部が起

 爆剤となり、人口流出に歯止めがかかっている。町内唯一の県立

 梼原高。今夏の全国高校野球選手権高知大会では明徳義塾高

 と決勝を争ってスタンドを沸かせ、次こそは甲子園にと期待が高

 まる。異色の過疎対策として注目を集めそうだが、継続に課題も

 出ている。」 と云う記事です。 11年前の梼原高の新入生が17人

 で学校の統廃合の検討対象でした 。「野球部をつくれば若者が

 残り、町の活性化にもつながるのでは」 と考え、翌年に硬式野球

 部が正式発足し、高校野球で実績がある梼原町出身の監督も招

 きました。 施策の狙い通り 「町外から野球部に入る生徒が増加し、

 多い年は野球部員43人中40人が町外出身となるほど。

 同町では近年、転入人数が転出を上回る年度も増えている。」 状

 況だそうです。

・ “高校生を増やしたいから野球部を作る”って随分単純な発想です

 が、梼原町出身の一流監督の存在が布石だったんだろうと思いま

 す。 今後の課題は 「毎日がプレッシャー」 と感じている監督の後

 継の指導者探しだそうです。 また、「『地域と共に』がなければ野球

 部は成り立たない」 ことも重要な要素だそうです。

・過疎の地域に働き手世代を誘致するにはどんな手段があるでしょ

  うか。 人口が極端に増えなくてもいいんです、減るのを止めたいん

  です。魅力ある一次産業が復活することは、もうないかも知れません。

  でも明日のことは分かりませんね。

  0911
  wine  アサガオ  例によって庭に勝手に出てくる奴だけど、雨が降る

             ようになったら顔を出し始めた。

             支柱を立てた方がイイかな。

« 夏から秋へ | トップページ | 隔月の床屋行き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/65775147

この記事へのトラックバック一覧です: 人を引き寄せるには:

« 夏から秋へ | トップページ | 隔月の床屋行き »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ