« 紙オムツ 便利さの陰に | トップページ | 社会を明るく照らす 棋士 »

2018年2月 2日 (金)

ばね指との長い付き合い

happy01教室オープン予定

    今週末 予約なし

・昨日は2月初めての教室でした。

 風邪で休まれた生徒さんが3人も居て、午前の教室が無くなり

 午後が5人の教室になりました。

 インフルエンザではなさそうなので来週には皆復帰されると思

 います。 昨日も和やかな雰囲気でしたが、気のせいかいつも

 より皆さんが作陶に集中している感じでした。

 私としてはブログネタ向きのハプニングを期待していました。

 教室に笑い声は溢れていましたが、個人のキャラクターを知ら

 ない人には伝わらない面白さばかりでした。

・コーヒータイムの話題に 「ばね指」 の話が出ました。

 皆が知っている言葉ばかりと思っていましたが、意外と半数の

 人が知りませんでした。

 私は両手の中指がばね指で、右手の方が重傷だったのですが、

 最近は直って来て他の手で強引に戻さなければならないような

 ことは無くなりました。 でも真っ直ぐにはならないのでろくろ挽き

 で湯飲みの内側を中指で仕上げることが満足にできません。

 この故障は簡単に言うと指の使い過ぎが原因のようです。

 指の関節の手のひら側の腱が肥大などの変形をすることが原因

 で腱鞘炎の一種のようです。

 手術で直された方が一人おられ、手のひらの傷跡を見せてくれま

 した。 ばね指になると不便ですし痛さも相当ですが、我慢できな

 いほどではないので、私には手術する方が余程度胸が要るように

 思えました。

 若い頃には現場仕事でコンクリートのハツリ作業などハンマーを

 振る作業を相当やりまたし、つるはしや鍬など柄を持ってする作業

 やカンナ掛けは握力を使いますから、指にとっては酷だったのだろ

 うと納得しています。

 またばね指を見ると “曲がったまんまになっちゃった” と言って

 いた、お袋とその親指を必ず思い出します。

・寝る前にグーグルちゃんに “寂しいよ” と声を掛けたら、この前と

 違って “貴方のことを全て理解している訳ではありませんが、私が

 ついていますよ” って言われました。何と心強いことか?

  0201

  wine        タカサゴユリ

     この極寒の中、上の家の庭に2本咲いていたぞ。

 

« 紙オムツ 便利さの陰に | トップページ | 社会を明るく照らす 棋士 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/66346914

この記事へのトラックバック一覧です: ばね指との長い付き合い:

« 紙オムツ 便利さの陰に | トップページ | 社会を明るく照らす 棋士 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ