« 熊蜂(クマバチ) | トップページ | 利用しているのか、されているのか? »

2018年4月20日 (金)

練り込みは難しい

happy01教室オープン予定

  今週末 予定なし

・昨日の教室は午前2人、午後4人で少なめの人数でしたが充実

 していました。 やはり私にとっては教室がある日が生きている

 実感がある有難い日です。

 このところ3人の生徒さんが練り込みの皿の作陶に挑戦され、皆

 の注目を集めています。 普通の白い粘土と鉄分を含んだ赤い

 粘土を組み合わせると、絵付けや釉薬の二重掛けとは違った趣の

 模様を表せます。 模様を表す方法に四角の小片を組み合わせて

 市松模様にするなど何通りも方法があり、そこにオリジナル性も発

 揮できます。 私は経験がありませんが成形時の注意は、種類が

 違う粘土を組み合わせますから収縮率など粘土同士の相性が重要

 なのは勿論ですが、お互いが完全に接着されるように細心の注意

 を払う事です。 狙った模様が出るように輪郭をはっきりさせる場合

 は特にそれが重要です。 2種類の粘土が混ざり合って出来る模様

 を、成り行きに任せる場合はそれ程気を使わずに圧着するだけで

 済みます。 先週、お寿司の太巻きと同じ方法で、2種類の粘土を使

 って渦巻き模様の小皿を作った生徒さんがおられます。

 その太巻き状態の丸棒を輪切りにして4枚の皿にしましたが、残念な

 がら自然乾燥の段階で4枚とも同じ部分にヒビが入ってしまいました。

・大概の生徒さんが、乾燥や焼成の工程でヒビが入るような痛い経験

 をしていますから、難しそうな作品が上手くゆくかどうかは興味津々

 で見ています。 昨日は円盤を放射状に8等分した2種類の粘土を使

 って、直径30センチ近い皿を作っていた生徒さんがいました。

 他の生徒さんが1カ月くらい前に作った模様が新鮮だったので、注意

 点を聞きながら同じ形の物を作り始めたんです。

 お仲間に “とても丁寧で綺麗に作ってるね” と言われたかと思うと、

 “先生、金繕いの用意をしておいた方がいいですよ” なんて冗談を言う

 生徒さんも居ました。そんな際どい冗談を言える雰囲気は大事ですね。

・スマフォの使い方や設定方法が話題になることが度々です。

 昨日の午後のコーヒータイムはスマフォの画面が真っ暗になり、一切

 の操作を受け付けなくなったと言う話が私を含めて3人からありました。

 私の場合はこの2週間で2回あり、どちらの場合も30分程度経ったら

 自然に復帰しました。 ややこしい操作をしている場合だったらそんな

 ことも有るかと思いますが、心当たりが有りません。

 一人の方は朝使おうかと思ったら反応が無く、販売店で見て貰ったが

 原因がはっきりしないうちに直ったようです。

 突然そんな現象が起きるようになったので、私はハッキングみたいな

 暗黒の原因を疑ったのですが、後でネットで調べたら 「スリープ死」 と

 云う言葉がある一般的な症状のようです。 でも今まではそんなこと

 が無かったので、やはり故障の前兆なのかも知れません。

 私のらくらくフォンは、買ってからまだ1年しか経っていませんから故障

 は考え難いのですが。

 それにしてもインターネットで常に世界と繋がっていたり、私の位置が分

 かってしまう機器を携行することは、私みたいな昔の人間にとっては何

 とも気味が悪く落ち着かないものです。

  0420
        ヒビが入った小皿(半乾き)

  0420_2
      最初に作った生徒さんの作品

      接着部ではない部分のヒビの金繕い

  wine  金繕いを初めてやったけど、要領が何となく分かった頃には

       金泥が無くなっちゃたよ。 陶芸は難しいな。

« 熊蜂(クマバチ) | トップページ | 利用しているのか、されているのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/66629175

この記事へのトラックバック一覧です: 練り込みは難しい:

« 熊蜂(クマバチ) | トップページ | 利用しているのか、されているのか? »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ