« 都合良すぎるプラスチック | トップページ | カツオのお陰です »

2018年6月 7日 (木)

ドラマと現実の乖離

happy01教室オープン予定

  今日 木曜日 AM 、明日 金曜日 PM(SSM4)

・今日の教室の準備を早目に片づけてゆっくりしようと、昨日の

 午前中に母屋から教室に向かってびっくり 我が家で一番豪華

 に咲いていたアジサイの花が通路に向かって倒れ掛けていまし

 た。 1本の木が整ったドーム型に20個ぐらいの花を付けて目

 を楽しませてくれていました。それがしとしと雨を含んだ重さで竹

 の支柱が折れてしまったんです。

 見た瞬間 “あーあ 予定外” とガックリ来ましたが、結局2時間

 近くかけて鉄パイプや新しい竹で何とか修復しました。

 雨の中のアジサイは絵になりますが、花にとっては結構なストレ

 スなのかも知れません。

・70代半ばの私でも初めて目にする言葉が有りました。

 “行旅死亡人” です、読み方も分かりませんでした。

 読み方は見た通りの “こうりょしぼうにん” で、ウィキペディアに

 よると 「日本において本人の氏名または本籍地・住所などが判

 明せず、かつ遺体の引き取り手が存在しない死者を指すもので、

 行き倒れている人の身分を表す法律上の呼称でもある。

 「行旅」 とあるが、その定義から必ずしも旅行中の死者であると

 は限らない。」 とのことです。

・ハフポスト日本版によると、鹿児島県立鶴丸高校の生物講義室に

 ある標本棚から女性の頭蓋骨が昨年見つかりました。

 この身元不明人に対する心当たりを問いかける官報が鹿児島市

 から発行されたことからニュースになりました。 この官報のタイトル

 が 「行旅死亡人」 で発行日が今年の6月5日です。

 この頭蓋骨は死後およそ50年ほど経っており、昨年7月に高校の

 職員が見つけて警察に届け出ましたが、身元が確認できなかった

 ため、「行旅死亡人」 として市で火葬し、市営墓地に埋葬したそう

 です。 去年発見された訳ですが、それまで生徒たちの目に触れる

 ことも無く、人の骨か猿の骨かレプリカなのかも分からずに置かれ

 ていたようです。

・私から見たら50年はそれほど昔ではありません。

 アメリカのテレビドラマの 「BONES(ボーンズ)」 では人骨が発見

 されたら徹底的に分析して背景の犯罪を暴きます。

 現実がドラマとは違うことは承知していますが、高校に置かれていた

 経緯が不明な事や、頭蓋骨を既に火葬に付してしまったことなど、こ

 の鹿児島の例は何とも大らかです。

 犯罪性が少しでもあると見做されれば、今回の処置は非難されかね

 ません。 きっとある程度の調査から犯罪性が無さそうだと分かってい

 るんだと思います。

 そのうち授業に熱心過ぎた理科の先生が名乗り出るかも知れません。

・昨日は政治問題に触れる気が起きず、ほのぼのこそしませんが何と

 なくおおらかなこの記事に目が行きました。

  0607
  wine       アジサイ

     全景を撮ろうと思っていたら雨で倒れかけた。

     首が細くて頭が大きいから無理もないな。

« 都合良すぎるプラスチック | トップページ | カツオのお陰です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/66801806

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマと現実の乖離:

« 都合良すぎるプラスチック | トップページ | カツオのお陰です »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ