« 何して ストレス解消するか | トップページ | 突然訪れる災難 »

2018年7月 7日 (土)

雨・雨・雨

教室オープン予定

  今週末 予約なし

・昨日の教室は午後からでしたが、前日に続いて曇り空で雨が

 降ることは無く 傘を持参した生徒さんはおられませんでした。

 生徒さん5人の釉掛け作業は圧巻で、私は釉掛けの相談に乗

 ったり小道具を用意したり、時には手も出すので天手古舞です。

 業者の量産品ならば作品を釉薬に浸ける際の道具などが整っ

 ていますが、教室の生徒さんの作品はバラエティーに富んでい

 るので臨機応変さが必要で、皆でアイデアを出し合ったりします。

 私が右や左に走り回って、まるで私の耐久試験みたいな場面も

 あり、生徒さん達も面白がったりします。

 今回は点数が多く、本焼きの窯に入り切らないと覚悟していまし

 たが、次回の酸化焼成待ちになった作品や都合で来られなかっ

 た生徒さんの作品もあり、結果的には楽に窯詰め出来そうです。

 今日の窯詰めが終れば見込みがはっきりします。

★タイの洞窟で行方不明になっていた少年ら13人の無事が確認

 されて、嬉しいニュースが世界中に配信されました。

 少年たちが閉じ込められている場所は洞窟の入り口から5Km足

 らずの場所ですが、洞窟の水中を潜らなければたどり着けない場

 所で、ダイバーの酸素ボンベを通すのがやっとの狭い場所もあり、

 想像を絶する厳しい現場のようです。

 昨日は物資を運んでいた38歳の元海軍兵士が亡くなると云う悲劇

 が起きてしまいました。 この元兵士は救助活動に自主参加してい

 ましたが、少年たちの場所に酸素を運ぶ仕事中に自分の帰り道に

 必要な酸素が足りなかったとのことです。

 少年たちの生存の可能性を信じて一時期は外国人を含めて2000

 人規模で捜索が行われました。

 現在でも1000人位が救助活動をやっているようですが、降雨で増

 水した洞窟内の厳しさは決して楽観を許さない状況です。

 閉鎖系の洞窟内ですから救助活動が活発になると、それによる酸素

 の消費問題を最優先で解決しなければなりません。

 大規模な排水作業や洞窟の奥への通信ラインの設置などが進んで

 いますが、一日でも早い救助が望まれます。

・それにしても自然は怖いです。 楽しい場所が、雨が降っただけで逃

 げる間もなく恐ろしい牢屋になってしまうとは。

 日本でも列島を雨雲が覆って、強雨の被害を受けたり避難している

 最中です、本当に雨が恨めしいです。

  0707
  wine        ゲットウ

     何本も花が咲いたよ。

« 何して ストレス解消するか | トップページ | 突然訪れる災難 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/66908342

この記事へのトラックバック一覧です: 雨・雨・雨:

« 何して ストレス解消するか | トップページ | 突然訪れる災難 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ