« 困った隣国 | トップページ | 寂しい幕開け »

2019年1月10日 (木)

教室初め

happy01教室オープン予定

  今日 木曜日 AM 、 明日 金曜日 PM (SSM4)

・今日から教室が始まります。 生徒さん皆の元気な姿が見ら

 れることを楽しみにしています。

 毎日寒い日が続いていますが、確実に春が近づいています。

 日の入り時間が毎日1分づつ遅くなり日が伸びています。

impact紀伊民報のコラム欄に朝日新聞の 「私の折々のことばコン

 テスト2018」 の言葉に感動したという記事が有りました。

 2番煎じになりますが紹介します。

  〈 あんさんが思っとるほど足元には何もなか、やけん前でも

   見て歩きんさい;バス停のおばさん 〉 高校受験が近づく不安

   から頭が下を向いてしまう。 塾からの帰り道、先日のテスト

   がふるわず下を向いていた中学生にいつも顔を合わすおば

   さんが “元気なかね” に続けて掛けた言葉。

  〈 何もないから新婚みたい;おばあちゃん 〉 昨年豪雨被害を

   受けた真備町のおばあちゃんの家に初めて片付けに言った時、

   被害の大きさに驚いている女子中学生の孫におばあさんが発

   した言葉。 このポジティブな言葉を凄いと感じたそうです。

  〈 はい、トイレ掃除ー。;母 〉 今は女子高校生、度々間違いや

   誤りを犯していた小学生の頃、“ごめんなさい” と謝る娘に “ご

   めんなさいじゃどうにもならん” と言っていた母が、ある日叱り

   も、注意もせずに言った言葉がこれ。

  〈 一生懸命すると、何でも面白い;原爆被害者 梅北トミ子さん 〉

   広島平和記念資料館で、13歳の女学生の最後の日記の一文を

   見た中学2年生の心を打った言葉。

  〈 ゆっくりでもっくりでも止まらなければけっこう進む;元はやぶさ2

   プロジェクトマネージャー 國中 均 教授 〉 初めて参加した講

   演会で、スクリーンに映し出されたこの言葉に衝撃を受け、受験を

   控えた高校生を支えてもいる。

  〈 はやいうちからいろんなことをきっちり決めつけないほうがいい

    よ。世の中には絶対ってことはないんだから。;さくら(村上春樹

   「海辺のカフカ」より) 〉

  〈 二兎追わぬ者は二兎を得ず:中学時代の恩師 〉 進路を一つに

   絞り切れなかった中学生の悩みに応えた言葉。

  〈 頑張った匂いがする;母 〉 今は中学生、小学校低学年の時は

   “ただいま” に対して母に “おかえり” “頑張った匂いがする” と

   言ってギュッとして貰った娘が今は中学生、それらが無くなったので

   母に聞いたら “小さい時はよく泣いたあとがあったからね、今は毎

   日たのしそうだから” と答えた。

  〈 わけわけ;父・母 〉 高校生になった3人姉妹の長女、幼い頃 お

   やつや贈り物を貰った時に両親が必ず言った言葉が “わけわけし

   てね” だった。 幼い心にはそれが残念だったが、今は物に限らず

   幸せなどを “わけわけ” する喜びを感じている。

・以上、抜粋です。 また投稿者の説明文を少しアレンジしました。

 自分にも影響を受けた言葉や座右の銘が有る筈ですが、隠居の身で

 呆けたのか思い出せません。

 そのような言葉は世間の荒波でこそ役に立ちます。

  0110
  wine         カンギク

     これも一緒に植えた奴だよ。

« 困った隣国 | トップページ | 寂しい幕開け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/67574676

この記事へのトラックバック一覧です: 教室初め:

« 困った隣国 | トップページ | 寂しい幕開け »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ